プレ検とは?

みなさんの「伝える力」「コミュニケーション力」を
"見える化"するために生まれた検定制度です。

「プレ検」は国際プレゼンテーション協会の商標登録です。

プレ検の特徴

「プレ検に合格すると、こんなメリットが得られます!

あなたのスキル「見える化されます。

プレ検の資格を取得することにより、仕事や生活面などのさまざまなシーンで、あなたのプレゼン力を生かすことができます。また、取得した資格を履歴書や名刺に記載することにより、あなたのプレゼン力を証明することができます。

arrow red
ビジネスシーンで
  • 上司への報告・連絡・相談
  • 社内の会議
  • 対外的な説明・折衝・説得
就職・転職・入試で
  • 自分自身の強みを伝える
  • 面接官との適切なやりとり
  • 就労条件の交渉
日常生活で
  • 家族や知人・友人との会話
  • 周囲とのコミュニケーション
  • PTA、町内会、サークル活動

こうした場面で使われるプレゼンテーションは、
すべてが「伝える力」「コミュニケーション力」に通じるものです。
このスキルが「プレ検」によって客観的に証明されることで、
あなたの人財としての価値が高まり、仕事や学業において有利になります。

プレゼンが苦手な人でも、伝える力が身につく!

「人前で話すことが苦手」という人でも
「プレゼン力」を高めることができます。

「プレ検」は、そのために必要な正しい知識と技術、方法論に基づいて作られています。

arrow red

「プレ検」を受検し、確実に合格するためには、
公式テキストをもとに、プレゼンテーションについての体系的な理論と技術を学ぶ必要があります。
それは、表面的なテクニックや話術、資料のつくり方ではありません。
もっと基本的な伝えるための「考え方「知識「能力」です。

パーフェクトプレゼンテーション
体系的な理論と技術か「プレゼン力を養う!

「プレ検」公式テキスト(八幡紕芦史:著/定価3,000円+税)

プレゼンテーション書籍の決定版!体系的な理解とプロフェッショナルを目指す方へ。
多くの読者を獲得し、企業、大学、各種学校で活用されているテキストです。

「プレ検」は、こんな人たちが受検しています!

プレゼン力を生かしたい人に
注目されています。

現在「プレ検」受検者の方は、会社員の方が中心となっています。教員・講師、学生の受検者も年々増加傾向にあります。
日常的なコミュニケーション力をつけたい方から、昇進・昇格、学業や就職・転職に生かしたい方、ビジネスシーンで活用したい方などまで、幅広く有効です。

また、2020年には大学入試制度が大きく変わり、面接やプレゼンテーション、資格試験の成績などで選抜する形式が導入されます。ついては、これまで以上に効果的なプレゼン学習が求められますので、学生の早い段階から、プレ検を活用し、伝える力を身につけておくことをおすすめします。

「プレ検」受検者の職業比率(2016年現在)

合格者の声

合格者の声

ピン

プレ検の資格を取得してから、聴き手の知識レベルや立場を意識して話すようになりました。

20代男性・会社員

ピン

プレ検」の勉強を通じて、プレゼンテーションの基礎について再確認することができました。
今後、実際の仕事で活用していきたいと思います。

40代女性・弁護士

ピン

マークシートのように手間がかからないところがいいですね。

40代女性・会社員

ピン

テキストが大変細かく勉強になりました。

30代男性・会社員

ピン

仕事にかなり役立つ内容なので、受検を推奨します。

50代男性・会社役員

ピン

家のパソコンで受検できますが、あっという間の45分で、緊張感ありました。

50代男性・会社員

ピン

当初分野が広く戸惑いましたが。話の内容からその場の作り方まで様々な視点で「プレゼンテーション」を知ることができました。

30代男性・会社員

ピン

プレ検の勉強を通じて、プレゼンの目的は「聴き手に伝えるだけで無く、聴き手の心を動かす」ことだと知りました。

40代男性・会社役員

ピン

ネット受検は移動がなく、効率的で便利です。

30代男性・会社員

ピン

プレゼンテーションの技術は元よりビジネスで必要な段取り、心配り等基本が全て含まれている。
絶対役に立つし、みんな「こんないいものを知らないと一生損するぞ!」って叫びたいです。

50代男性・会社員

企業担当者様の声

弊社では、昨年度はじめて「プレ検」の団体受検を実施しました。受検した社員からは、「相手の心を動かすためのプレゼンについて学んだことで、業務上のあらゆる場面で活用できる」、「社内でのビジョン・目標共有が必要な場面でも効果がある」などの声が寄せられています。

実際、日頃の業務を見ていても、得意先での商談、会議や社内プレゼンなどでの話し方に変化が見られました。社内コミュニケーションも活発になったように感じています。
何より、プレゼンテーションスキルが「見える化」されたことで、社員のモチベーションが上がったのはもちろん、対外的な信頼も獲得しやすくなりました。

総合電機メーカー 企業担当者

ネット受検について

「プレ検はいつでもどこでも。

ネット受検
で楽々!

スマホ・
タブレット
にも対応!

プレ検では、ネット受検を実施しています。
受検期間内であれば、インターネットにつながるパソコン・スマホ・タブレットを利用し、
いつでも、どこからでも受検が可能です。
画面の指示通りに試験問題(4択問題)を解いていただきます。
※2級は論文提出と実技動画提出の書類選考です。
※1級は論文・実技・面接試験の会場受検になります。

試験内容を知りたい方へ

プレ検3級 検定試験問題 2/100

プレゼンテーションとは、)である。

  • 聴き手が聞きたいことを話すこと
  • 自分が言いたいことを言うこと
  • 言いたいことを聴き手に理解させること
  • 聴き手の言いたいことを理解すること

代表からのメッセージ

プレゼンテーションの力で
豊かな人間関係と社会生活を

プレゼンテーション力をプレゼンテーションする

みなさんが現代の社会に生きている限り、相手の立場に立って自らの考え方を伝えることは必須です。つまり、プレゼンテーション力を有している必要があります。

その能力を身につけるためには、プレゼンテーションを学び、実践しなければなりません。しかし、それだけでは不十分です。みなさんの持っている力を"見える化"し、周りの人たちにそれを発信しなければ、だれもみなさんの能力を認知してくれません。そこで、その方法として、プレゼンテーション検定の資格を取得することをお勧めします。

みなさんがプレゼンテーション検定の資格をもち、それを仕事に生活に学業に活かされることを願っています。

一般社団法人 プレゼンテーション検定協会 代表理事
八幡 紕芦史
YAHATA hiroshi