1. ブログトップ
  2. プレゼンのコツ
  3. 社会人基礎力とプレゼン力

社会人基礎力とプレゼン力

こんにちは!協会事務局です。

みなさんは「社会人基礎力」という言葉を聞いたことはありますか?
学生や就活中の方、各企業の採用や教育ご担当の方ならすでにご存じかと思いますが、
今回の「プレゼンのコツ」では、
改めて社会人に必要な力についてご紹介します。

photoAC ビルと就活生.jpg

社会人基礎力とプレゼン力

経済産業省が、職場や地域社会で多様な人々と仕事をしていくために
必要な基礎的な力を「社会人基礎力」として定義づけている。

社会人基礎力とは
「考え抜く力(シンキング)」、
「前に踏み出す力(アクション)」、
「チームで働く力(チームワーク)」
の3つの能力とし、それぞれを分解し、
全部で12の能力要素に分類している。

チームで働く力の中に「発信力」という要素を含め、
自分の意見を分かりやすく伝える力とうたっている。

みなさんも、この3つの能力と12の能力要素を自分に当てはめて評価し、
自己啓発の参考にしてみてはどうだろうか。

1.考え抜く力
(1)問題発見力
   現状を分析し目的や課題を明らかにする力
(2)計画力
   課題の解決に向けたプロセスを明らかにし準備する力
(3)創造力
   新しい価値を生み出す力

2.前に踏み出す力
(1)主体性
   物事に進んで取り組む力
(2)働きかけ力
   他人に働きかけて巻き込む力
(3)実行力
   目的を設定し確実に行動する力

3.チームで働く力
(1)発信力
   自分の意見を分かりやすく伝える力
(2)傾聴力
   相手の意見を丁寧に聴く力
(3)柔軟性
   意見の違いや立場の違いを理解する力
(4)状況把握力
   自分と周囲の人々や物事との関係性を理解する力
(5)規律力
   社会のルールや人との約束を守る力
(6)ストレス・コントロール力
   ストレスの発生源に対応する力

----------------------------------------------------------------

いかがでしたか?
常に自分を客観的に評価し、能力を高めていきたいですね。
もちろん、"発信力"を身につけるには、プレ検がお勧めです!
次回のプレゼンのコツもお楽しみに!

  • 2018年5月15日 9:30