1. ブログトップ
  2. 協会便り
  3. "しくじらないプレゼン"の極意が発刊

"しくじらないプレゼン"の極意が発刊

みなさん、こんにちは!
協会スタッフの遠藤です。

さて、本日は待望の新刊のご案内です!

国際プレゼンテーション協会の医学プレゼン研究チームのメンバーによる
医学書院の月刊誌「medicina(メディチーナ)」の連載記事が1冊の本になりました。

患者説明から学会発表まで、医療者がおこなうプレゼンテーションの様々な場面。
しくじりがちな例をマンガで紹介し、丁寧なレクチャーで解説をしています。
初歩的な考え方やスキルだけでなく、成功の秘訣やトラブル対応まで明快に解決します。
医療従事者はもちろんのこと、プレゼン力を身につけたい一般のみなさまにもおススメの一冊です!

新刊のご案内

脱・しくじりプレゼン(表1のみ)  .png

 書籍名:『脱・しくじりプレゼン:言いたいことを言うと伝わらない!』 
 編著:八幡紕芦史(国際プレゼンテーション協会理事長)
  著:竹本文美/田中雅美/福内史子(IPS医学プレゼン研究チーム)
 まんが:鬼方美香
 出版社: 医学書院/A5版、192頁
 価格:¥2,808(税込)

<井上貴昭氏推薦コメント>
(関西医科大学腎泌尿器外科学講座 講師)

医療現場には多種多様のプレゼンテーションの機会があるが、
我々医師や医療現場にいるスタッフがプレゼンテーション・コミュニケーション技術を系統的に学ぶ機会は無いに等しい。
本書はまさに"医療とプレゼンテーション"の繋がりの必要性を
"例えば"を使い医療者の目線でわかりやすく描いた一冊だと思う。

書籍購入のご案内

(1)Amazon(送料無料)
   https://goo.gl/UApmBm   

(2)医学書院
   http://www.igaku-shoin.co.jp/bookDetail.do?book=82106

  • 2018年10月10日 12:00