1. ブログトップ
  2. 2019年3月

2019年3月の記事一覧

  • 1

第108回プレ検の受検データ

いつもプレ検ブログをお読みいただき、ありがとうございます。
2019年3月に実施した第108回プレ検ネット受検に関するデータを公表いたします。

photoAC 野に咲く水仙.jpg

第108回プレ検ネット受検データ(2019年3月)

2級(合格80点以上)
合格率 66.7%

平均点 77.0点

準2級(合格80点以上)
合格率 35.5%

平均点 76.4点

3級(合格70点以上)
合格率 80.0%

平均点 73.4点


準3級(合格70点以上)
合格率 100%

平均点 76.0点

合格されたみなさま、おめでとうございます!
準2級は合格点まであと少し、という方が多くいらっしゃいました。
受検準備をしっかりすると合格へグッと近づきます。
再チャレンジお待ちしています。

  • 2019年3月18日 8:37

聴き手を分析する技術

こんにちは!協会事務局です。

みなさんは、プレゼンテーションといえば、
まず、何からしますか?

「資料作成!」と即答してしまった方。
実はプレゼンを成功させるには、他にすべきことがあります。

photoAC データ分析.jpg



聴き手を分析する技術

さて、これからプレゼンテーションを実施するとしよう。
まず、あなたがおこなわなければならないのは、
技術資料を集めることでも、
設計図を描くことでも、
実験結果のデータを整理することでもない。

まず、プレゼンテーションの3Pを分析する。
3Pとは、
P:People
P:Purpose
P:Place

この3つのPを分析してから、
技術資料を集めるなり、設計図を描くなり、実験データを整理するなり、
あなたの思う作業に取りかかればいい。

では、まず、1つ目のP、People。
つまり、聴き手は誰か、分析する。

ここで、気をつけなければならないのは、
常に、同じ技術者に対してプレゼンテーションするわけではない。
経営幹部に話をするかもしれない、
それぞれの部門の責任者かもしれない。
あるいは、企画部門、営業部門など、
あなたの技術については全くの素人が、
プレゼンテーションの聴き手になることがある。

もし、いつものように、技術者に話をするように、
非技術者にプレゼンテーションをしたら、どうなるだろうか。
想像に難くない。

たとえば、自社の経営陣に対して、新しく開発した技術を
プレゼンテーションすることになったとしよう。
あなたが、いくらその道の専門家であっても
聴き手は技術的な詳細に 関心をもたないだろう。

それよりも、その技術を導入することにより、
どのような経済上の効果、
あるいは、ビジネス上のメリットがあるか、
それを知りたい。

あるいは、その技術を使って、何ができるのか、
どのように運用し、どのように操作すれば、
自分の仕事が効率化できるのか、
それが知りたい。

聴き手は、あなたの技術がもたらす自分のベネフィットについて知りたい。
プレゼンテーションでは、聴き手の聴きたいことを説明すること。

これからの技術者は、技術的な専門性だけでなく、
顧客のニーズに精通し、ビジネスについて知らなければならない。

プレゼンテーションでは、まず、聴き手を綿密に分析しておく。
それが原則だ。

----------------------------------------------------------------

いかがでしたか?
次回のプレゼンのコツもお楽しみに!

  • 2019年3月12日 8:50

試験官と直接会えるチャンス!「検定フェスティバル」出展

みなさん、こんにちは!
協会スタッフの遠藤です。

2019年3月19日、文部科学省後援「検定フェスティバル」にプレ検が出展をいたします。

当日は、ブースにてプレ検の試験官や講師と直接話ができます。
「プレ検ってどんな検定?」
「ネット受検って何?」
「どんな出題内容?」
「合否結果で自分の弱みや課題がわかる?」
「受検対策講座ってできる?」
など、みなさまのご質問やお悩みにお答えできる貴重な機会です!

プレ検にご興味のあるみなさまは、ぜひご来場ください。
スタッフ一同お待ちしております。


検定フェスティバル2019チラシ_ページ_1.jpg

「検定フェスティバル2019」お申し込み方法

▼検定フェスティバル2019
「検定試験活用シンポジウム~民間検定試験の学校教育や大学入試での活用~」

・場 所:国立オリンピック記念青少年総合センター国際交流棟レセプションホール   
・日 時:2019年3月19日(火)開場11:00 開会11:30-18:00
・参加費:無料
・来場対象者:小中高・大学などの教職員、入試担当者、教育関係者など
・プログラム内容:
1.シンポジウムⅠ「民間検定試験の大学入試公的活用」
2.シンポジウムⅡ「生徒の学習意欲を喚起させる民間検定試験活用」
3.検定団体ステージプレゼンテーション 各15分程度
4.各検定団体ブース出展・パネル
https://www.zenken.or.jp/seminar/919.html

・申込み:事前申込みが必要です。申込みは下記よりお願いします。
※受付で「申込番号」と「申込者名」を確認させていただきます。

申し込みBanner.jpg

みなさまのご来場お待ちしております。

  • 2019年3月05日 10:11
  • 1