1. ブログトップ
  2. プレゼンのコツ
  3. シナリオ構築法(1)

シナリオ構築法(1)

こんにちは!協会事務局です。

前回までプレゼンテーションの戦略を立てるために、
3つの「P」を分析することをお伝えしました。

次は、3P分析の結果に基づいて、
プレゼンテーションのシナリオを組み立ててみましょう。

photoAC グラフ ビジネスイメージ.jpg


シナリオ構築法(1)

たぶん、あなたは、プレゼンテーションで開発の背景から話し始め、
開発の主旨、開発の経緯、実験の目的、実験の前提条件、実験結果、素材の特性、
技術の解説などから、話し始めるだろう。

その間、聴き手は、あなたが何を言いたいのか分からない。

プレゼンテーションとは、「結論」から始めなければならない。
たとえば、「この技術は我が社の収益の柱になる可能性があります」と。

そうすれば、聴き手は、あなたが何を言いたいのか、真っ先にわかる。
結論を言えば、それだけで、その気になる聴き手もいる。
「そうか、そうなんだ」と。
ところが、猜疑心の芽を膨らませる聴き手も大勢いる。
「本当かな?そんなことはないんじゃないか・・・」と。

そんな猜疑心の目を膨らませた聴き手に、
あなたの結論がいかに正当か、「理由」を述べ、
証明しなければならない。
そこで、あなたは、開発の主旨、開発の経緯、素材の特性、
技術的解説など、これらを説明する。
そうすれば、聴き手は「なるほど!」と納得する。

「なるほど!」と納得したところで、再度、結論を述べる。
「・・・ということで、この技術は我が社の収益の柱になる可能性があります」と。

つまり、シナリオは次の「3部構成」で構築する。

(1) 結論
(2) 理由
(3) 結論

そうすれば、聴き手は納得し、あなたの技術に投資してみようと思う。

----------------------------------------------------------------

いかがでしたか?
次回のプレゼンのコツもお楽しみに!

  • 2019年8月19日 8:50