1. ブログトップ
  2. プレゼンのコツ
  3. マンガチックなイラストはやめよう

マンガチックなイラストはやめよう

こんにちは!協会事務局です。

プレゼンと言えば、パワポなどのプレゼンテーションソフトを画面に映し出して説明、
というのが通常ですよね。
企業の商品発表などは演出の一部だったりするので、動画や画像をいかに見せるかが重要ですが、
一般的なプレゼンの場合、どこまでこだわりますか?

今回はプレゼンのビジュアルのあり方について、お教えします。

photoAC ポートフォリオ.jpg

マンガチックなイラストはやめよう

パワーポイントのテンプレートに文字を打ち込むと、
文字ばかりのスライドになる。
そうなると、あなたは、「ちょっと色気がないな」と、
素材集のディスクを引っ張り出す。
そして、面白そうなイラストを選んで、貼り付ける。

素材集から引っ張り出して、マンガを張り付けると、クセになる。
そのうちに、懲り出してとまらなくなる。

挙げ句の果てに、
あなたのプレゼンテーションは、マンガが動き出し、
「ガキーン!」とか、「バシッ!」とか、「ジャーン!」などの
擬音語が飛び出し、そして、「パチパチパチ」とか、
「ヒュー」などのサウンドが流れ、にぎやかこの上なし。

ここまでやらないとしても、あなたがマンガチックなイラストを
貼り付けると、話し手であるあなた自身まで、
マンガチックなイメージになる。
あなたは、憎めないが、ちょっと間抜けな人物になる。
それが、あなたのキャラであれば、それはそれでいいが・・・。

それと、どこにでもあるイラストを使うと、
プレゼンテーションの内容より、
「あっ、同じイラストだあ」と、
そちらに注意が向く。

さらに、レアもののイラストを使うと、
プレゼンテーションの内容より、
「あれっ、どこで手に入れたのか?」と、
そちらに注意が向く。

いずれにせよ、意味のないイラストやイメージだけの
イラストは使わない方がいい。

----------------------------------------------------------------

もちろんマンガやイラストを活用すると効果的なこともあります。
そのプレゼンテーションに必要かどうか、しっかりと分析をしましょう。

次回のプレゼンのコツもお楽しみに!

  • 2020年1月14日 8:53