1. ブログトップ
  2. プレゼンのコツ
  3. アウトラインでかっこよく話す(1)

アウトラインでかっこよく話す(1)

こんにちは!協会事務局です。

みなさんは資料やスライドを見ながら
だらだらと話すプレゼンをしていませんか?

プレゼンに成功するためには、
アウトラインを組み立てて、それに沿って話す方法をお勧めします。
では、そのアウトラインとは何なのか、をご説明します。

photoAC チェックリストと男性.jpg

アウトラインでかっこよく話す


今回は、プレゼンテーションの最初から終わりまで、
どのようなアウトラインで話すか、考えてみよう。

まず、あなたのプレゼンテーションを3つのパートに分ける。
1つ目のパートは「イントロダクション」
2つ目のパートは「ボディ」
そして、
3つ目のパートは「コンクルージョン」

あなたは、なにがなんでも、このアウトラインで話を進める。
そうすれば、格好がつく。

では、最初の「イントロダクション」。

イントロダクションは次の7つのステップで構成される。

(1)司会者への礼
(2)あいさつ
(3)自己紹介
(4)ウエルカム
(5)背景
(6)結論
(7)ロードマップ

司会者への礼から始まる7つのステップで、
プレゼンテーションを開始する。

次回は、このステップの詳細を解説しよう。
このアウトラインは、あなたのプレゼンテーションをかっこよく見せる。
この順番を頭の中にたたき込んでおこう。
決して損はない。

----------------------------------------------------------------

いかがでしたか?
次回のプレゼンのコツもお楽しみに!

  • 2020年6月09日 8:39