1. ブログトップ

1分12秒の選手宣誓プレゼンを分析する(第99回全国高校野球選手権)

こんにちは!
協会事務局の遠藤です。

いよいよ夏の甲子園が始まりました。
開会式をみなさんはご覧になりましたか?

今回の選手宣誓について、
協会の代表理事・八幡紕芦史が
プレゼンの専門家の観点で分析いたしました。


photoAC 甲子園.jpg

1分12秒の選手宣誓プレゼンを分析する(第99回全国高校野球選手権)

北北海道代表・滝川西の堀田将人主将は、
1分12秒の見事なまでの「ストーリーテリング」と「色彩のレトリック」で
感動的な選手宣誓をおこなった。

1.選手宣誓全文

私たちは今、この甲子園球場に立てていることを誇りに思います。
ここに辿り着くまでには、たくさんの厳しい試練や困難がありました。
それを乗り越えられたのは、
仲間、家族、監督そして応援してくださる多くの方々の支えがあったからです。
幼いころから、真っ白なユニフォームが真っ黒になるまで練習し、
真っ白なボールを真っ暗になるまで追いかけてきた、全国の高校球児の思いを胸に
最後まで諦めず、正々堂々と全力でプレーすることを誓います。

2.感動のストーリーテリング

「夢をもち、努力し、苦難や挫折を乗り越え、そして、夢を実現する」
人はこのストーリーに感動する。

堀田将人主将の選手宣誓は、
「私たちは今、この甲子園球場に立てていることを誇りに思います」から始まる。
「私たち」というこの甲子園に集まった代表49校のすべての選手
-私たちがもち続けた甲子園出場という夢と、
その夢を実現できた誇りを自然体で語りかける。

そして、その夢の実現に向かって経験したであろう多くの苦難と挫折を、
「ここにたどり着くまでには、たくさんの厳しい試練や困難がありました」
と気負いなく語り続ける。

さらに、「それを乗り越えられたのは、仲間、家族、監督
そして応援してくださる多くの方々の支えがあったからです」
と夢の実現に向かって支えてくれた人たちへの感謝を述べる。

3.色彩のレトリック

堀田将人主将は、幼い頃から高校野球出場の夢を追いかけてきた思いを、
「真っ白なユニフォームが真っ黒になるまで練習し」、
「真っ白なボールを真っ暗になるまで追いかけてきた」
と、色彩のレトリックで青春の1シーンを描く。

そして、最後に
「全国の高校球児の思いを胸に最後まで諦めず、
正々堂々と全力でプレーすることを誓います」と。
観客からの大きな拍手が球場全体に響く。

1分12秒の見事なまでの「ストーリーテリング」と「色彩のレトリック」で、
気負いもなく自然体で選手宣誓をおこなった。

  • 2017年8月09日 12:00

プレゼン学習の成果を資格に残そう!

みなさん、こんにちは!
協会スタッフの遠藤です。

第89回プレ検の受検期間が始まりました。
受検者のみなさまは8/12(土)までに受検をしてください。
なお、合否確定は全員共通で8/16(水)です。
すでに受検を済ませた方も合否確定日までお待ちください。

photoAC ひまわり畑.jpg

さて、プレ検は毎月ネット受検を実施中です。
受検期間中なら24時間、いつでも受検いただけます。
今からプレ検公式テキストでしっかりと学習すれば、
9月の受検に十分、間に合いますよ!

合格者の学習時間は過去の記事をご参照ください。
プレ検の勉強時間はどのくらい?

プレ検の詳細は公式サイトをご覧ください。
プレ検公式サイト

ただいま、9月以降のお申し込み受付中です。
みなさんのお申し込みをお待ちしております。

第90回プレ検ネット受検

1.受検期間

2017年9月2日(土)〜2017年9月9日(土)

上記の期間内であれば、いつでも(24時間)、どこででも受検できます。

2.申込締切日

2017年8月31日(木)
https://acep-jp.com/exam/

◆プレ検サイトをスマホ・タブレットでご覧になる方へ◆
Androidスマートフォン・タブレットをご利用の方は、
Googleクロームのブラウザでご覧ください。

  • 2017年8月08日 9:00

もうすぐ89回プレ検ネット受検の申込締切です

みなさん、こんにちは。
協会スタッフの遠藤です。

第89回プレ検(プレゼンテーション検定試験)の
申込み締切が間近となりました。
受検をご検討中の方は、今すぐお申し込みを!
https://acep-jp.com/exam/

▼銀行振込・郵便振替でお申し込みの方
お振込確認でもって、正式な受検申し込みといたします。
申込み締切日(8/3)より早めにお申し込みください。

▼コンビニ決済でお申し込みの方
プレ検の受検申込締切日とコンビニの支払期限は違います。
申込時に届くメール「コンビニ決済依頼完了のお知らせ」にて、支払期限をご確認ください。
期日を過ぎてしまうと、コンビニでのお支払いができなくなり、プレ検受検申込は無効となります。

また、コンビニの支払い期限内であっても、
受検申込締切日までにお支払い確認ができないと、受検は無効となります。
受検申込締切後に間違ってお支払いいただいても、
返金や他の受検期間への振り替えはできません。

photoAC 沖縄の海.jpg

プレ検公式テキストを熟読して、受検準備をしましょう。

▼プレ検公式テキスト
プレ検公式テキスト「パーフェクト・プレゼンテーション」

Amazonでも購入できます(送料無料)
プレ検公式テキストをAmazonで購入する

みなさんのお申込みお待ちしています!

第89回プレ検ネット受検

1.受検期間

2017年8月5日(土)〜2017年8月12日(土)

上記の期間内であれば、いつでも(24時間)、どこででも受検できます。

2.申込締切日

2017年8月3日(木)
https://acep-jp.com/exam/

◆プレ検サイトをスマホ・タブレットでご覧になる方へ◆
Androidスマートフォン・タブレットをご利用の方は、
Googleクロームのブラウザでご覧ください。

  • 2017年8月01日 9:21

プレ検2級でやりがちな失敗例

みなさん、こんにちは。
協会スタッフの遠藤です。

プレ検2級の受検者が増えています。
実技と論文で採点される形式のため、
よりプレゼン力を磨きたい、
実務で役立てたい、
という方々の受検が今後も増えていきそうです。

その一方で、どうやって受検準備をしていいかわからない、
というお問い合わせもいただいています。

そこで、これまでの2級受検結果から、
不合格要因で多かったものをお教えします。
受検時にやってしまいがちな失敗の数々・・。

これから2級を受検される方は、ぜひ参考にしてください。

photoAC パソコン資料.jpg

論文の不合格要因

1位:構成に問題あり
「構成がわかりにくい」という採点結果が多く見受けられました。
三部構成でまとめると、論文もスッキリとわかりやすくなります。
プレゼンの形式を理解しているかどうかが、論文試験でも鍵となります。

2位:結論に問題あり
「結論が不明確」という結果も多くありました。
テーマと結論がズレていたり、背景の問題提起が長すぎて結論がわかりにくかったり。
結論を短い文章で端的に表現することが論文合格のポイントとなります。

3位:論理性に問題あり
論理性が弱く、内容の説明不足、という指摘も多いです。
論理的な展開(背景→結論→理由)が欠けていると読み手への説得は難しくなります。

実技の不合格要因

1位:聴き手への意識不足
「自分の話が多すぎる」
「聴き手のメリットがない」
「次へのアクションがなく、聴き手を動かせない」
など、多くの受検者が話し手中心のプレゼンになりがちでした。
聴き手分析を怠らないようにしましょう。

2位:結論が不明確
実技も論文同様、結論に問題があるケースが多いです。
「結論がない」一方では、「結論が多すぎて複雑」という受検者も。
結論を絞り込んでシンプルに表現することが実技合格への必須条件です。

3位:テーマ分析に問題あり
テーマ分析ができておらず、内容との整合性がない、という方も多くいます。
各受検者に与えられたテーマを深く考え、分析をしっかりおこなわないと、
自分の体験談で終わってしまったり、
内容がズレて定義がおかしくなってしまったり、
プレゼンがあらぬ方向へと進んでしまいます。


実技試験は、その他に、時間配分やビジュアル操作なども採点の対象になります。
プレ検公式テキストを熟読した上で2級受検に臨みましょう。

  • 2017年7月25日 8:30

二番煎じの社長プレゼン

こんにちは!
協会事務局の遠藤です。

本日は、協会の代表理事・八幡紕芦史による
特別記事を掲載します。

プレゼンの専門家が感じる、昨今のプレゼンとは・・・!?

photoAC 近未来.jpg

二番煎じの社長プレゼン

最近は企業のトップが新製品発表会などに出てきて、
ジョブズばりにプレゼンするのが流行っているようだ。
しかし、どの社長も二番煎じのプレゼンで個性がない。

ある新車発表会で大手自動車メーカーの社長のプレゼンを聴く機会があった。

いきなり迫力のある音と映像が流れ、
くだんの社長はジョブズのようにステージの袖から中央に向かって歩き出す。
両手を大きく振って元気よく、まるで園児の運動会のように歩き始めた。
けれども、背中が丸まっている。

ステージの中央で止まって、会場に向かって挨拶をする。
ぎこちなく大きく両手を広げ、早口で会社のコンセプトを英語で言う。
わかったようでわからない。

馬車の時代からクルマの歴史、そして、自社の歴史、創業者の苦労話へと続く。
その間も、ジョブズに見習ってか何度も両手を広げ、ステージを意味なく歩き回る。
ところが、この社長、何を言いたいのかわからない。
それに、スクリーンには動きの速い動画が映し出され話に集中できない。

たぶん、聴き手は今回新しく発表したクルマについて知りたいのに。
それでも、なにやらよく分からないコンセプチュアルな話が続く。
抽象的な流行コトバがポンポンと飛び出してくる。

何度も両手を大きく広げ、自分の話のリズムにあわせて手を上下に動かしながら。
展示されている新車の前をウロウロする。

この社長はどんな想いで新しいクルマを作ったのか、
それがユーザーにとってどんなメリットがあるのか、
まったく伝わってこない。

ひとしきり社長の話が終わったところで、超有名な野球選手がゲストとして紹介される。

同じようにステージの袖から登場する。
いかにも身体を鍛えている軸がぶれない歩き方で、しかも、背筋がまっすぐに伸びている。

精悍な顔付きで聴き手に向かって挨拶をし、ユーモアたっぷりの自己紹介をする。
マイクを胸の前でしっかり握り、派手なボディ・ラングエッジもなく落ち着いた口調で話し始める。
野球とクルマを、「チャレンジ」というキーワードでつなぎながら、非常に分かりやすい話をする。
思わず聴き手は聞き入ってしまっている。
話の最後もユーモアで締めくくった。

自分の思いを素直にかつ自然体で語っている野球選手が、もしこの会社の社長だったら、
きっと、このクルマを買いたいと思っただろう。

  • 2017年7月21日 10:40