1. ブログトップ

プレ検が100回目を迎えます!

プレゼンテーション検定試験は、今年7月に100回目を迎えることになりました。

これもひとえに多くのみなさんのご支持とご協力の賜と感謝しております。
心より御礼申し上げます。

さて、みなさんは"プレゼンテーション"という言葉が、
いつ頃から日本で使われるようになったと思いますか?
実は、今から約30年前に遡ります。
そして、そのきっかけは、書籍『国際ビジネスでのプレゼンテーション技術』の発刊でした。
(八幡紕芦史著、日本生産性本部発行)

その当時、「プレゼンテーションって何?」とか、「日本語で言うと?」などと尋ねられました。
残念ながらプレゼンテーションという言葉は日本語に翻訳することができず、
「プレゼンテーションはプレゼンテーションです」と謎解きのような説明をしてきました。

それでも、国際ビジネスで活躍する日本人にとっては海外で成功するための必須の能力として、
多くのビジネス・パーソンが能力向上に努力してきました。

それが、今や、"プレゼン"と短縮形で表現され、日常会話で頻繁に耳にするようになりました。
そして、小学生の児童にも用いられる言葉であり行為にもなりました。
つまり、子供から大人まで、誰にでも必要な能力として認知されてきたわけです。

それは、日本の社会が集団主義から個人主義へ、
単一の価値観から多様な価値観へ変化するのと軌を一にしてきました。

このような変化の中で、
今ではプレゼン力を身につけていることは、
社会で生きていくための「生きる力」として位置づけられています。

しかしながら、その能力を証明する資格制度がなく、
学んだことが活かせないという声も多くありました。

そこで、国際プレゼンテーション協会は「プレゼンテーション検定試験」を開発し、
第1回検定試験を2007年に実施しました。

試験開始から10年後の2017年、
「一般社団法人プレゼンテーション検定協会」が引き継ぎ、
受検のしやすさなどの利便性の向上に注力して参りました。
そして、会場受検からいつでもどこでも受検できるネット受検の開発、
クラウドを活用した実技試験の実施などIT技術を駆使した受検システムを開発しました。

今後は、AI導入を視野にいれた評価システムなどを構築し、
公正・公平な検定試験、最も信頼される検定試験を目指します。

また、変化する時代に活用できる能力向上へ寄与するために、
より効果的なプレゼンテーション技術の開発、
ならびに「プレゼンテーション学術学会(仮称)」を今秋立ち上げます。

これまで以上に、さまざまな分野で必要とされる"プレゼンテーション"を研究し続けます。

検定試験100回の実績と信頼を基に、今後もみなさんに貢献できるよう努力して参ります。
今後とも、皆さまのご支持とご協力をお願い申し上げます。

2018年6月
八幡紕芦史
一般社団法人プレゼンテーション検定協会、代表理事
特定非営利活動法人国際プレゼンテーション協会、理事長

  • 2018年6月14日 9:14

マイページにログインできない時は

こんにちは!
協会事務局の遠藤です。

99回のプレ検ネット受検が始まりました。
受検者のみなさまは6/9(土)までに受検をしてください。
なお、合否確定は全員共通で6/13(水)です。
すでに受検を済ませた方も合否確定日までお待ちください。

photoAC パソコンとハーブティ.jpg

さて、このところ、事務局宛に
「ログインIDを忘れました」
という問い合わせが多く寄せられています。

事務局の営業時間外にはすぐの対応ができません。
受検期間最終日の土曜日や、深夜早朝の時間帯に受検を予定している方は、
必ず事前にマイページのログインができるかご確認ください。

個人受検の方

プレ検は「受検申込み」「受検」「合否確認」、すべてをマイページ上でおこないます。
マイページへのログインはIDとパスワードが必要です。
合否確定まで、IDとパスワードは大切に管理してください。

<ID>
マイページ登録完了後にお送りしているメールにてIDをお知らせしています。
メール件名「【プレ検】ユーザー登録完了のお知らせ」をご確認ください。
メールが届いていないという方は、お問い合わせフォームから事務局までご連絡ください。

<パスワード>
パスワードは、マイページ登録時に入力した半角英数字です。
個人受検で、パスワードをお忘れになった方は、再発行ができます。
受検サイトのログインページを開き、
「マイページをお持ちの方」の欄にある
「パスワードを忘れた方はこちら」をクリックして、変更のお手続きをしてください。
*事務局では、パスワードの管理、通知はおこなっておりませんので、
お問い合わせいただいても、お答えできません。ご了承ください。

団体受検の方

団体受検は、窓口担当者の方がお申し込みをした後、
送られてくるメールにてIDをお知らせしています。
メール件名「【プレ検】ユーザー登録完了のお知らせ(団体受検者)」をご確認ください。
メールが届いていないという方は、お問い合わせフォームから事務局までご連絡ください。

なお、過去に受検をされている方も、毎回、新しくログインIDが発行されます。
以前のログインIDでは受検できませんので、
必ず最新のメールにて新しいログインIDをご確認ください。

また、団体受検の受検者で、パスワードがわからない方は、
担当窓口の方にお問い合わせください。
*団体受検ご担当の方は、各受検者のパスワード管理と通知をお願いします。
パスワードを紛失した場合、受検申込締切後は再発行ができませんのでご注意ください。


  • 2018年6月05日 9:02

もうすぐ99回プレ検ネット受検の申込締切です

みなさん、こんにちは。
協会スタッフの遠藤です。

第99回プレ検(プレゼンテーション検定試験)の
申込み締切が間近となりました。
受検をご検討中の方は、今すぐお申し込みを!
https://acep-jp.com/exam/

▼銀行振込・郵便振替でお申し込みの方
お振込確認でもって、正式な受検申し込みといたします。
申込み締切日(5/31)より早めにお申し込みください。

▼コンビニ決済でお申し込みの方
プレ検の受検申込締切日とコンビニの支払期限は違います。
申込時に届くメール「コンビニ決済依頼完了のお知らせ」にて、支払期限をご確認ください。
期日を過ぎてしまうと、コンビニでのお支払いができなくなり、プレ検受検申込は無効となります。

また、コンビニの支払い期限内であっても、
受検申込締切日までにお支払い確認ができないと、受検は無効となります。
受検申込締切後に間違ってお支払いいただいても、
返金や他の受検期間への振り替えはできません。

pakutaso バラの庭.jpg

プレ検公式テキストを熟読して、受検準備をしましょう。

▼プレ検公式テキスト
プレ検公式テキスト「パーフェクト・プレゼンテーション」

Amazonでも購入できます(送料無料)
プレ検公式テキストをAmazonで購入する

みなさんのお申込みお待ちしています!

第99回プレ検ネット受検

1.受検期間

2018年6月2日(土)〜2018年6月9日(土)

上記の期間内であれば、いつでも(24時間)、どこででも受検できます。

2.申込締切日

2018年5月31日(木)
https://acep-jp.com/exam/

◆プレ検ネット受検の推奨環境◆
PC、スマホ、タブレットの推奨環境を必ずご確認の上、お申し込みください。
プレ検の推奨環境

  • 2018年5月29日 8:55

第98回プレ検の受検データ

いつもプレ検ブログをお読みいただき、ありがとうございます。
2018年5月に実施した第98回プレ検ネット受検に関するデータを公表いたします。

photoAC キラキラ芝生s.jpg

第98回プレ検ネット受検データ(2018年5月)

2級(合格80点以上)
合格率 0%

平均点 64.0点

準2級(合格80点以上)
合格率 55.6%

平均点 74.8点

3級(合格70点以上)
合格率 65.2
%
平均点 77.0


合格されたみなさま、おめでとうございます!
上級へのチャレンジもお待ちしています。

  • 2018年5月22日 9:56

社会人基礎力とプレゼン力

こんにちは!協会事務局です。

みなさんは「社会人基礎力」という言葉を聞いたことはありますか?
学生や就活中の方、各企業の採用や教育ご担当の方ならすでにご存じかと思いますが、
今回の「プレゼンのコツ」では、
改めて社会人に必要な力についてご紹介します。

photoAC ビルと就活生.jpg

社会人基礎力とプレゼン力

経済産業省が、職場や地域社会で多様な人々と仕事をしていくために
必要な基礎的な力を「社会人基礎力」として定義づけている。

社会人基礎力とは
「考え抜く力(シンキング)」、
「前に踏み出す力(アクション)」、
「チームで働く力(チームワーク)」
の3つの能力とし、それぞれを分解し、
全部で12の能力要素に分類している。

チームで働く力の中に「発信力」という要素を含め、
自分の意見を分かりやすく伝える力とうたっている。

みなさんも、この3つの能力と12の能力要素を自分に当てはめて評価し、
自己啓発の参考にしてみてはどうだろうか。

1.考え抜く力
(1)問題発見力
   現状を分析し目的や課題を明らかにする力
(2)計画力
   課題の解決に向けたプロセスを明らかにし準備する力
(3)創造力
   新しい価値を生み出す力

2.前に踏み出す力
(1)主体性
   物事に進んで取り組む力
(2)働きかけ力
   他人に働きかけて巻き込む力
(3)実行力
   目的を設定し確実に行動する力

3.チームで働く力
(1)発信力
   自分の意見を分かりやすく伝える力
(2)傾聴力
   相手の意見を丁寧に聴く力
(3)柔軟性
   意見の違いや立場の違いを理解する力
(4)状況把握力
   自分と周囲の人々や物事との関係性を理解する力
(5)規律力
   社会のルールや人との約束を守る力
(6)ストレス・コントロール力
   ストレスの発生源に対応する力

----------------------------------------------------------------

いかがでしたか?
常に自分を客観的に評価し、能力を高めていきたいですね。
もちろん、"発信力"を身につけるには、プレ検がお勧めです!
次回のプレゼンのコツもお楽しみに!

  • 2018年5月15日 9:30