1. ブログトップ

高校生を対象にプレ検3級受検対策講座を実施しました

2019年5月21日(火)~5月24日(金) 
クラーク記念国際高等学校において、
高校2年生18名を対象に「プレ検3級」受検対策講座を実施しました。

実施プログラムは下記の通りです。

1.目的
「プレ検3級」合格の受検対策に役立てる

2.目標
「プレ検3級」合格への課題を明確にし、2019年6月受検の対策に取り組む

3.重点内容
(1)プレゼンテーションの基本的理論と技術
(2)出題の傾向と解説
(3)理解度の確認と課題の認識

4.進行形式
対話型講義、演習

◆受講者の声◆
-わかりやすい授業で楽しかったです
-全員の前でプレゼンがしたいです
-もっとプレゼンテーション力を上げていこうと強く思いました
-とても整理された話で参考になりました
 

IMG_7349.jpg

IMG_7357.jpg

  • 2019年6月04日 9:05

もうすぐ111回プレ検ネット受検の申込締切です

みなさん、こんにちは。
協会スタッフの遠藤です。

第111回プレ検(プレゼンテーション検定試験)の
申込み締切が間近となりました。
受検をご検討中の方は、今すぐお申し込みを!
https://acep-jp.com/exam/

▼銀行振込・郵便振替でお申し込みの方
お振込確認でもって、正式な受検申し込みといたします。
申込み締切日(5/30)より早めにお申し込みください。

▼コンビニ決済でお申し込みの方
プレ検の受検申込締切日とコンビニの支払期限は違います。
申込時に届くメール「コンビニ決済依頼完了のお知らせ」にて、支払期限をご確認ください。
期日を過ぎてしまうと、コンビニでのお支払いができなくなり、プレ検受検申込は無効となります。

また、コンビニの支払い期限内であっても、
受検申込締切日までにお支払い確認ができないと、受検は無効となります。
受検申込締切後に間違ってお支払いいただいても、
返金や他の受検期間への振り替えはできません。

photoAC 初夏の高原.jpg

プレ検公式テキストを熟読して、受検準備をしましょう。

▼プレ検公式テキスト
プレ検公式テキスト「パーフェクト・プレゼンテーション」

Amazonでも購入できます(送料無料)
プレ検公式テキストをAmazonで購入する

▼プレ検過去問
プレ検の過去問がバージョンアップしました!

みなさんのお申込みお待ちしています!

第111回プレ検ネット受検

1.受検期間

2019年6月1日(土)〜2019年6月8日(土)

上記の期間内であれば、いつでも(24時間)、どこででも受検できます。

2.申込締切日

2019年5月30日(木)
https://acep-jp.com/exam/

◆プレ検ネット受検の推奨環境◆
PC、スマホ、タブレットの推奨環境を必ずご確認の上、お申し込みください。
プレ検の推奨環境

  • 2019年5月28日 9:01

第110回プレ検の受検データ

いつもプレ検ブログをお読みいただき、ありがとうございます。
2019年5月に実施した第110回プレ検ネット受検に関するデータを公表いたします。

photoAC イングリッシュローズ.jpg


第110回プレ検ネット受検データ(2019年5月)

準2級(合格80点以上)
合格率 69.2%
平均点 81.5点

3級(合格70点以上)
合格率 88.9%
平均点 82.4点

準3級(合格70点以上)
合格率 50.0%
平均点 70.0点

合格されたみなさま、おめでとうございます!
上位級へのチャレンジお待ちしています。

  • 2019年5月21日 8:40

アニメーションの基本

こんにちは!協会事務局です。

プレゼンテーションでビジュアルを使うのは常識ですよね。
プレゼン・ソフトも機能が増えて、確かに便利なのですが、
はたして、その使い方、あなたのプレゼンの役に立っているのでしょうか?


photoAC プレゼン資料.jpg


アニメーションの基本

アニメーションは便利だ。
見せたいものを、見せたいタイミングで、見せることができる。
それに、聴き手の注意も喚起できる。

ただし、次の3つの基本を押さえておくことだ。

1.アニメーションに凝らないこと
2.自然な流れで動かすこと
3.アニメーションで聴き手を驚かせないこと

まず、アニメーションに凝らないこと。凝ると濫用する。
濫用すれば、過ぎたるは・・・、になる。
あなたのプレゼンテーションで、右から左から、上から、下から、
真ん中から外から、ビジュアルが飛び交うと、
聴き手は、あなたの話の内容よりも、アニメーションに興味をもってしまう。

一部の言語を除いて、通常、横書きの文章は左から右へと読む。
そうすると、アニメーションは左から右へと動かす。
もちろん、縦書きの文章は、上から下へ。
逆に動かすと、聴き手は錯乱状態に陥る。

スライドの上部に示したいビジュアルは、上からスライド・インする。
下部に示したいビジュアルは、下からスライド・インする。
つまり、スライド上を横切らせないこと。

右向きの矢印は、左からワイプさせる。
左向きの矢印は、右からワイプさせる。
上下の矢印も、同じ原則。

スクロールとか、スパイラルを使うと、面白い動きができる。
面白いだけに、聴き手を驚かせたり、感心させたりできる。
また、初心者は、サウンドも入れたくなるが、子供っぽくなりがちなので止めた方がいい。

アニメーションを効果的に使うには、必要最低限に絞って活用することが重要だ。

----------------------------------------------------------------

いかがでしたか?
アニメーションについては、
プレ検公式テキスト「パーフェクト・プレゼンテーション」にも詳しく載っています。
ぜひお読みください。

次回のプレゼンのコツもお楽しみに!

  • 2019年5月14日 8:47

月刊誌「看護教育」に記事が掲載されました!

みなさん、こんにちは!
協会スタッフの遠藤です。

月刊誌「看護教育」に、協会の八幡紕芦史代表理事の記事が掲載されました。
看護教員向けの雑誌ですので、医療関係者はもちろんのこと、
授業に携わる教育関係者やプレゼンテーションに興味のある方々など、
幅広い層のみなさまに読んでいただきたい記事です。
ぜひご覧ください。

表紙-看護教育2019年5月号.png


■掲載誌名:月刊誌『看護教育』2019年5月号
■タイトル:プレゼンテーション力で授業を変える方法
■発行元:医学書院

  • 2019年5月07日 8:51